スポンサーリンク

【簡単節約】10年間で500万円損していた話

節約 雑記

節約って本当に難しいですよね。つい最近までお金のことに無頓着で、貯金とか節約とか本当に嫌いでした。食費を切り詰めたり、こまめに電気を消したり、外食を控えたりと、様々なことをトライしました。

しかし、気づいたら心が貧しくなった気がして気疲れしてしまい、貯金を断念することがよくありました。皆さんもそのような経験があるかもしれません。

しかし、ある事がキッカケとなり、意識が変わり、お金について勉強するようになりました。

結果、簡単に月々4万円、年間50万円の節約に成功しました。その実体験を経験をお伝えしたいと思います。

 

こんな人におすすめ
  • 貯金をしたい人
  • なかなか貯金ができない人
スポンサーリンク

自動車保険、生命保険はなんとなく加入してはだめ

前職では会社が団体で加入している自動車保険や生命保険などがありました。入社時には自動車保険や生命保険の冊子が配られ、毎年社内斡旋もありました。

「月々の支払いを抑えられるから絶対にお得」とか「多くの人が加入してますよ」

といった売り言葉を信じて、なんとなく加入していました。

  • 会社が勧めている保険は安心だし安い!
  • 会社が私たちからぼったくるなんてことはない!
  • 周りの人も加入している!
  • 分からないことがあれば会社で聞けるし安心!
  • 会社を通すのでめんどくさくない

と基本的に保険は会社で加入すればいいと思っていました。ですので自動車購入、結婚などのタイミングで、あまり考えずに自動車保険や生命保保険に加入してました。

これが大きな間違いでした。

例えば自動車保険では確かに個人で申し込むよりも団体の方が安いかもしれない。しかし、そもそもその契約内容である必要性がない、自分には不必要な内容も含まれている訳です。

本当に自分に合った保険なのかを吟味せず、なんとなくみんなが加入しているからといったことを平気でしておりました。

節約をするきっかけ 両学長リベラルアーツ大学との出会い

私は会社を辞めたタイミングで自動車保険を解約しないといけませんでした。また次の会社では団体保険がなかったので、個別で調べて加入する必要がありました。

保険会社を調べている最中に『両学長のリベラルアーツ大学』に出会えたのです。

車両保険は不要!車両保険の見せかけの安心に騙されていませんか?
車が手放せない方は車にかかる固定費の削減をしましょう。特に自動車保険に車両保険をつけている場合は見直しすべきです。何となく安心だからという理由で契約していませんか?

ここでの情報は本当に衝撃的でした。それと同時にお金に無頓着な自分と自分の金融リテラシー低さに恥ずかしくなりました。

ここでの情報は正直お金を払って勉強する内容です。それが無料で分かりやすくブログやYouTubeで展開されています。

自動車保険以外にも生命保険、株式投資などお金に関する情報が毎日YouTubeで配信されていて、ほぼ全てのブログとYouTubeを見たと思います。

今では毎朝7時に更新されるYouTubeを聞いて会社に行くのがルーティンと化しています。

正直、早く出会い、学びたかったといった感じです。

私はこうして簡単に節約に成功しました

リベ大で学び、直ぐにできることに関しては行動に移しました。実践あるのみ。まずは保険と格安スマホへの切り替えです。正直今までの契約内容を調べたり、比較検討したり、解約したりと、することがたくさんありめんどくさかったです。

ただリベ大で学んだ通りに節約ができると楽しくもありました。また一度設定を変えたら後は年1回の更新時期に考えればいい事なので、割り切れます。

 

保険などを見直して節約できた金額
  • 生命保険の見直し:2万/月→ 3千円 (1.7万円節約)
  • 自動車保険の見直し:1万円/月→3千円(7千円節約
  • 学資保険の解約:1.2万円/月 →0円(1.2万円節約
  • 格安スマホへの切り替え:9千円/月→ 3千円(6千円節約

合計で月々4.2万円、年間50万円の節約に成功しました。衝撃的でた。だって10年間は前契約で支払っていたので、その間500万円ものお金をある意味無駄にしていた訳です。そして、コツコツと何かを積み上げることの凄さを痛感しました。

節約してできたお金の多くは貯蓄や投資にまわすようになりました。また誕生日や結婚記念日などに家族で食事にいったり、パソコンや書籍の購入など、自分や家族への投資にまわしています。

まとめ

なんとなく加盟している保険やなんとなく使っているものを見直すことで大きな節約につなげることができます。

是非皆様も試してはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました