スポンサーリンク

【お得】2021 英検申込方法

英語

英語教育業界で仕事をしておりました、センローです。

3月25日よりいよいよ英検(従来型)の2021年度第1回検定、個人申込がスタートしましたね。

2021年度はコロナの関係もあり英検(従来型)の検定料が大幅に値上がりました。具体的にいくら値上がりしたかというと、本会場で2級を受験しようとした場合、9700円もかかります。昨年は7400円だったので、2300円も値上がりしました。

一方で準会場(現行方式*)で受験した場合、検定料は6500円となります。これはかなりの値段差ですよね。 *現行方式は一次試験を準会場、二次試験を本会場で受験する場合のこと

2021年度はこうした背景もあり、個人でも一部準会場で受験できるようになりました。もし通っている学校や塾で英検を受験できるのあれば全く問題はないのですが、そうでない受験生も多くいるかと思います。準会場で受験する、お得な申込方法を解説したいと思います。

 

こんな人におすすめ
  • 個人申込で英検を受験しようと考えている人
  • 安く英検を受験したいと考えている人
  • 申込方法がわからない人
スポンサーリンク

準会場で受験をした方が絶対にお得!

英検

準会場を増やすために、英検が一般受験者受け入れ可能団体を募集したところ、全国津々浦々630校もの塾・団体が手を上げてくれました。

受け入れ団体はこちら 

皆さんの住んでいるエリアで手をあげてくれた塾や団体はありますでしょうか。もしその会場で受験をしたら、本当にありがたいと思いますし、塾や団体にとっても良い宣伝にもなりそうですね。

検定料もさることながら、自分で受験会場を指定できるメリットもありますし、例えば定期券内であれば交通費も抑えることができますよね。

合わせて読みたい記事はこちら

2021年度英検について分かりやすく解説
2021年度英検について検定料など分かりやすく解説

 

仮に各団体が20席の一般受験生を受け入れてくれた場合、1万2千を越す受験者が助かるわけですから、本当にありがたいですよね。

とはいえ、そのほとんどが塾や英会話学校なので、追加できるキャパは大きくはないと思いますし、満席になり次第締切と英検のホームページにも記載があるので早めに調べて申し込んだ方がいいと思います。

それでは申込方法を見てみましょう。

一般受験者受け入れ団体への申込方法

①一般受入準会場団体を探す。

受験できる級や日程はまちまちなので、場所はもちろんのこと自分の受験する級と都合の良い日程も確認しましょう。

準会場では1級、準1級の受験はできないので、今回は対象外となるので気をつけてください。

②受験を希望する団体へ連絡をして問い合わせをする。

問い合わせができる日、時間、また問い合わせ方法(電話orメール)はまちまちなので、間違えずに問合せをしましょう。

③「一般受験者受け入れ準会場 受験案内」をダウンロードして印刷。

「本人確認票及び申込用紙」欄に必要情報を記入して、検定料とともに持参し、団体へ検定料を払いましょう。

支払いをすると、本人確認票と身分証明書が返却されます。これは試験当日に必要になるので、絶対に無くさないように保管しましょう。

一般受験者受け入れ準会場 受験案内 ダウンロードはこちら

④試験当日本人確認票と身分証明書を持参して、受験をする。

二次試験の日程は一次試験当日にお知らせがあるので、その時に確認をしましょう。

身分証明書:学生証、生徒手帳(写真無可)、健康保険証(コピー可)、パスポート、社員証、運転免許証、マイナンバーカードなど

⑤成績表は受験した団体に取りに行く。

成績表は自宅に届くわけではないので、注意が必要です。具体的な日程は検定料支払い時に「本人確認票」に記載してもらうので、その日程を確認しましょう。

基本的な成績表到着スケジュール

  • 一次試験:A〜F日程 6月22日、G日程 7月6日
  • 二次試験:A日程 713日、B日程720日ます

まとめ

いかがだったでしょうか。個人申込で受験をするのであれば、絶対に準会場で受験をした方がお得です。

まずは自分の住んでいる地域に一般受験者受け入れ準会場があるかを確認をして、あるならばその塾や団体へ問い合わせをし、早めに申込をしましょう。

合わせて読みたい記事はこちら

【受験生必見】2021年度英検試験日程を分かりやすく解説します
2021年度英検試験日程を分かりやすく解説します。コロナ感染拡大を受け、検定料や受験日程が大幅に変わりました。一般受験生にとって重要な変更となりますので、しっかりと理解して試験準備をしましょう

コメント

タイトルとURLをコピーしました