スポンサーリンク

【簡単】英単語学習方法 コツ6選

英単語学習 英語

語学学習において単語学習は不可欠ですよね。しかし、単語学習って地味な上、簡単そうでいて「継続する」ことが本当に難しいですよね

単語帳の初めの方にはいっぱい線が引いてある人も多いのではないかと思います。

学生時代にかなり英単語を学習し、約8,000語は少なくとも覚えたと思います。

今は学生時代の学習方法に加え、いかに継続的且つ効率よく英単語学習するかをテーマに半年以上は学習を続けております。そこでの気づきや経験をお伝えできればと思います。

 

こんな人にお勧め
  • 単語学習をこれから始める人

  • 単語学習が続かない人

  • 英単語を覚えられない人

それでは話を進めていきたいと思います。

スポンサーリンク

単語学習を習慣化させる

単語学習を習慣化させることが大切です。また記憶に定着させるには6〜7回程度繰り返すこと大切と言われています。

例えば、3,000語ある単語帳を1日30分勉強した場合、100語程度は勉強できるのではないかと思います。その場合、1冊終了するまでに30日かかる計算になります。記憶に定着させるには6〜7回程度くりかえると思うのと、相当の日数がかかりますね。

仕事や塾や部活など、机に向かって単語だけを学ぶ時間なんてもうけられないですよね。しかし1日まとまって時間を取れなくても、10分間を3回とか5分を6回など時間を作り出すことは可能だと思います。

通学時間や昼休み、またテレビをみる時間、寝る前の時間など、ちょっとした10分間を英単語学習に使い、積み重ねていくという訳です。

あわせて読みたい記事はこちら

隙間時間を使って英語学習を継続させるコツ
部活で疲れ果てて、何もする気が起きない。 残業で帰ってきた...

また単語帳に掲載されている全ての単語を暗記する必要はないです。そもそも単語学習は目的や能力によって変わるので生涯1冊の単語帳だけをする人はいないと思います。

TOEIC、英検、受験など様々な目的に応じて単語帳を使い分け勉強をしてきました。

複数の単語帳をこなしていくと同じ単語は出てきますので、その時にまた覚えればいいわけですし、同じ単語が出るということはそれだけ大切な単語だということもわかります。

単語学習帳を使った学習方法 コツ6選

分からない単語は素直にチェックをする

チェック

単語学習の1周目はとにかくザーッと単語帳を眺め、音読をします。無理に覚えようとはせずに、初めての単語は勿論のこと、前に覚えたけど意味がすぐ分からない場合もチェックを入れます。

ここでもポイントは自分に嘘をつかず、強がらず、素直にチェックすることです。

私はうる覚えの単語やもう一度学んだ方がいいと思う単語は迷わずチェックをしています。

そして電車の中や会社、学校で声を出せない場合でも、心の中で発音を意識してしっかりと読むようにします。

英単語のイメージをする

2〜3周目も基本的には1週目と同様ですが、ここでもう1点付け加えます。それは単語のイメージをすることです。

この単語はいい意味、悪い意味、大きくなるイメージ、小さくなるイメージなど、自分なりのざっくりとしたイメージを意識することをお勧めします。

例えば

Exclude (意味:除外する)の場合

Ex自体は「外」を表す単語なので、外向きだなというイメージ

Include (意味:含まれる)の場合

In自体は「内」を表す単語なので、内向きだなというイメージ

また音読をするときに感情を入れることも大切です。

例えばHappy(意味:喜ぶ)を音読するときは楽しいことを思いながら、逆にSad(意味:悲しい)は悲しそうに音読するといった形です。

単語帳の例文から学習しよう

4周目からは例文を読むようにします。勿論例文を読んで1回で意味がわかるのがベストですが、そうならないことも多いと思います。

単語のイメージが正しいと単語の意味が正確でなくても文章全体の趣旨を間違えないので、英文がわかるようになっていきます。そして例文を読んだ後に意味や類義語を確認するようにします。

一言一句あっていたのを確かめるのも大切ですが、例文の趣旨が合っていたかとか、イメージ通りだったかなどいう観点で復習しましょう。

5周目から7回目は繰り返しですね。またチェックの入った単語だけを繰り返すというのもいいかと思います。実際5周目ぐらいからは、意味もわかるので単語帳の進むスピードもグッとアップします。

音声CDを聞こう!

英単語

単語帳には音声CD付きのものもあると思います。その場合は音声も聞くようにしましょう。また音声CDがない単語帳でもネットで調べて聞けることが可能です。

なぜなら正しい発音を知ることができるからです。

英語だけの話ではないですが、そもそもその単語の読み方がわからないと覚えようという意欲も出てこないでしすよね。

とはいえ、発音記号を読めるようにするのも難解です。サクッと音声を聞いて正しい発音を覚えるようにしましょう。

英文を積極的に読もう!

テストで間違えたところや仕事で失敗したことほど鮮明に記憶が残っていないでしょうか。

単語学習も同じだと考えていて、英文を読むことでより単語は定着していきます。

例えば英字新聞や英語のテストに学んだ単語が出てきて、意味がわかったら嬉しいですよね。逆に見覚えのある単語の意味が出ないと悔しかったりしますよね。

このような学習方法は単語帳だけでは不十分です。

勿論外国人の友達がいるのであれば積極的にコミュニケーションをとるのが一番手っ取り早いですが、そういった環境も少ないと思います。

なので、誰でもできる方法として英文を積極的に読むことをお勧めします。英語サイトや英字新聞を活用したり、模擬試験や参考書なんかもお勧めです。

わせて読みたい記事はこちら

おすすめ英語ニュースサイト3選 ニュースを読んで英語学習
英字新聞を読んでいる人、かっこいいよね。そんな人に憧れる ...

ドッグイヤーをつけよう!

ドッグイヤー

スタートするページの上を折るようにしています。その日の終わりに何単語進んだのかを確認する為です。「今日はしっかりできた」とか「今日は100単語行かなかったからもうちょっと勉強しよう」とか自分のモチベーションを維持しする為に、ドッグイヤーをつけるようにしています。

これは私だけかもしれないですが、どれくらい進んだかなと振り返ろうとしたとこに、「あれ?どこから始めたっけ」となるケースが往々にしてあるからです。

単語帳は汚れてなんぼだと思っています。学んでいるという実感が大切です。

まとめ

いかがだったでしょうか。

単語学習の1番の敵は継続することではないかと大切です。ただし、3ヶ月もすれば多くの単語を覚えられるのも事実です。

自分なりの勉強方法、コツを見つけて、モチベーションを維持しながら学習していきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました