スポンサーリンク

【受験生必見】2021年度英検試験日程を分かりやすく解説します

2021英検日程 英語

2021年度の英検試験日程と検定料が発表されました。例年なら特に気にする必要もないのですが、コロナ感染拡大を受け、検定料や受験日程が大幅に変わりました。ですので、しっかりとした理解して、試験準備をしたいですよね。

私ならこうするといった点も含めて、英語教育業界で働いていた私が分かりやすく解説をしたいと思います。

 

こんな人におすすめ
  • 英検を受験しようとしている人
  • 子供が英検を受験する予定の人
  • 変更点がいまいちわかっていない人
  • 準会場で受験する方法のヒントを知りたい人
まずは結論を。

英検のホームページで準会場申込方法をしっかりと確認をして、準会場で受験しよう!

それではよろしくお願いします。

スポンサーリンク

2021年度英検一次試験日程 変更点

2021年度英検一次試験日程 変更点
  • 準会場日程が7日程から選べるようになった
  • 準会場でも金曜日実施が可能となった

*準会場とは学校や塾など団体で申込み、受験をする会場

一次試験日程に関しての大きな変化は以上の2点になります。

あれ、本会場で受験する一般受験生にとってあまり関係なくない?

今回の変更は学校や塾やそこで受験する人たちにとっての変更であり、一般受験生には関係のない話だと思っていないでしょうか。

実は今回の変更で一番のメリットを受けられるのは一般受験生なのです。

特に2級〜5級の受験を考えている人は必見です。

一般受験生でも準会場受験が可能となります。

2021年度より準会場でも一般受験生が受験できるよう英検が働きかけています。これにより、2級から5級を受験する一般受験生でも準会場で受験できる可能性があるのです。

それでは準会場で受けれることのメリットは何でしょうか。

準会場受験のメリット
  • 検定料が圧倒的に安い
  • 受験地を選べる(可能性がある)

1つ目が検定料になります。準会場は本会場に比べて、大幅に安くなります。

また2つ目は受験地を選べる可能性があると言うことです。今まで一般受験生は基本的に本会場でのみ受験が可能でした。本会場受験の場合、地域は選べるものの、会場は英検によって決められます。また受験会場を変更することは原則できません。

 原則として会場や時間の変更はできません。ただし、ダブル受験で別々の会場になった場合は会場を調整いたしますので、英検サービスセンターまでご連絡ください。
英検ホームページより抜粋)

受験票が届いて受験会場を知る訳ですが、えらい遠くの会場に割り当てられたり、交通費がかかる会場で受験しないといけないなどといったケースも多くあったみたいです。

もし自分の家の近くの準会場で受験できたら交通費も安くなりますし、その会場で受験したいですよね。

 

1級、準1級は準会場で受験はできません。本会場のみで受験可能となります。

どうやって準会場で受験する?

question

question

現時点で2021年度の申込方法はまだ発表されていないので、まだ分かりません。ですので、準会場で受験をしたいのであれば、どのような方法をとるのかをしっかりと英検ホームページを確認する必要があります。

ちなみに2020年度でもコロナが理由で、一般受験生を受け入れる準会場がありました。その時の運用方法を確認しておきましょう。

2020年度運用方法
  • 一般受験生受け入れ準会場をホームページで募集
  • ホームページで受け入れ準会場が発表
  • 受験生は希望する準会場へ行き、申込をする
  • 検定料を支払い、受験票をもらう。
  • 試験当日受験票と身分証明書を持って、準会場で受験する。

英検って調べてみるとTwitterやFacebookの公式アカウントを持っていないので、全ての発信が英検のホームページとなります。ですのでSNS上で英検の最新情報を知ることは難しく、自分からホームページを確認する必要があります。

そして、2020年度の一般受験生を受け入れた準会場の多くは塾や英会話学校でした。また教室が大きいわけではないので、募集人数に制限がありました

2021年度は準会場と本会場で検定料が驚くほど違います。ですので、受験したい会場がすぐ埋まる可能性も十分にあるということを理解しておく必要があるかもしれません。

こうやって準会場受験をしよう

英検のホームページをしっかりと確認し、準会場の申込方法を理解しましょう。その上で、仮に2020年度と同じ方式であるならば、会場が埋まる可能性が大いに考えられるので、直ぐに希望する準会場に申込に行きましょう。

英検 | 公益財団法人 日本英語検定協会
英検受験の公式ウェブサイトです。英検受験の申し込みや試験日程・検定料・会場紹介、合否確認や過去問題が閲覧できます。英検留学や高校・大学への入試優遇や単位認定優遇、英語教育に従事される団体・学校関係者の方向け研修・セミナー情報もご覧下さい。

2021年度一次試験日程

第1回検定

【一次試験申込期間】

個人申込:3/25(木)〜 4/15(木)

【一次試験試験日程】

<本会場>
日程:5/30(日)*海外は5/29(土)

<準会場>
A日程:5/21(金)
B日程:5/22(土)
C日程:5/23(日)
D日程:5/28(金)
E日程:5/29(土)
F日程:5/30(日)
G日程:6/12(土)4・5級のみ

第2回検定

【一次試験申込期間】

個人申込:8/1(日)〜 8/27(金)

【一次試験試験日程】

<本会場>
日程:10/10(日)

<準会場>
A日程:10/1(金)
B日程:10/2(土)
C日程:10/3(日)
D日程:10/8(金)
E日程:10/9(土)
F日程:10/10(日)
G日程:10/23(土)4・5級のみ

第3回検定

【一次試験申込期間】

個人申込:11/1(月)〜 12/10(金)

【一次試験試験日程】

<本会場>
日程:1/23(日)

<準会場>
A日程:1/14(金)
B日程:1/15(土)
C日程:1/16(日)
D日程:1/21(金)
E日程:1/22(土)
F日程:1/23(日)
G日程:2/5(土)4・5級のみ

まとめ

2021年度は検定料、試験日程で大幅に変更がありました。しっかりと変更内容を理解して受験準備をすることは大切ですね。まずは準会場の申込方法がどうなるのか、注目していくことが大切そうですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました